クリニカルラダー詳細

勉強会風景

到達目標


目標-レベル1

1、看護職員として必要な基本姿勢を守り行動できる。

2、正確な知識、技術を持ち、助言、指導を受けながら看護過程 を展開し患者に安全な看護サービスが提供できる。

3、リハビリテーション看護の基礎知識と技術を習得する。

4、チームナーシングのリーダーとメンバーの役割を理解する。

5、リハビリ看護と他職種の役割を理解し連携が図れる。

目標-レベル2

1、看護過程を踏まえた個別的ケアが実践できる。

2、状況に応じたリーダーシップが発揮できる。

3、他職種との連携ができる。

4、高次脳機能障害について理解し、看護展開が出来る。

目標-レベル3

1、リハビリの専門性を活かし、看護実践においてリーダーシップを発揮した役割モデル となれる。

2、病棟における教育的役割が主体的に出来る。

3、自己能力開発について方向性を持ち、研究発表に取り組むことが出来る。

4、科長、主任の補佐が出来る。

目標-レベル4
(主任・科長)

1、所属における課題を明確にし、目標を示しながら管理 行動がとれる。

2、所属における教育的役割行動がとれる。

3、リハビリ看護としての専門性を発揮した役割モデルがとれる。

看護実践能力(看護サービス-看護過程)


レベル-1

情報収集

1、患者家族の問題解決に向け、意図的に情報収集が出来る。

2、ADLの評価方法がわかる。(バーセルインデックス、FIM)

3、日常生活機能評価が出来る。

問題の明確化

4、助言を基に看護の問題点を挙げることが出来る。

計画立案

5、助言の下で受け持ち看護師として計画が立案できる。

実践

6、支援を受けながら看護計画を安全・確実に実践できる。

7、看護計画に基づいてSOAPで記録ができる。

評価

8、計画に沿った看護実践が出来たか評価できる。

レベル-2

情報収集

1、全体像がとらえられるような情報収集が出来る。

2、リハビリ看護の視点に立ち情報収集が出来る。

3、収集した情報から必要なものを病棟及び他職種 のチームに伝達できる。

問題の明確化

4、情報に基づきアセスメントし看護問題を明らかにする ことが出来る。(他職種との情報交換も含む)

計画立案

5、問題解決のための看護計画が立案できる。

6、患者のニードを踏まえた計画が立案できる。

実践

7、リハビリ技術を習得し看護ケアに活かすことができる。

評価

8、実践した看護が患者のニードを満たしているか評価できる。

9、計画の評価修正が出来る。

レベル-3

情報収集

1、日常生活の中から、変化を予測し、意図的に情報収集・分析できる。

2、他職種からも意図的に情報収集できる。

問題の明確化

3、潜在、または予測できる看護問題について判断することが出来る。

計画立案

4、リハビリテーション計画が看護計画に反映できる。

実践

5、患者の個別性を考慮した看護実践が出来る。

評価

6、アセスメント能力を高め、継続した看護展開が出来る。

レベル-4(主任・科長)

情報収集

1、問題領域に的を絞り、選択的に情報収集できる。

問題の明確化

2、知識と経験を活かし、短時間に適切な看護問題を抽出できる。(主任)

計画立案

3、複雑なニードを持つ患者の計画を立案することが出来る。

実践

4、看護実践において、ほかのスタッフに対して指導力、教育力を発揮できる。

5、多様なアプローチ(医療チームの協力体制の確立、 ケアカンファレンス)を組みいれて看護ケアが実践できる。

評価

6、看護計画に沿った看護実践が出来たかどうかの評価の指導、助言が出来る。

看護実践能力(看護サービス-技術過程)


レベル-1

技術

1、臨床に必要な基本的な看護知識技術を実践できる。(看護技術到達目標)

2、リハビリの知識と技術を実践できる。(知識と技術の習得項目 2,3)

感染防止

1、感染対策マニュアルに沿って行動できる。

事故防止

1、感染対策マニュアルの内容を知っている。

救急看護

1、急変時対応が出来る。(看護技術到達目標10)(知識と技術の習得項目 4)

リハビリ看護

1、リハビリ看護の役割を理解する。

レベル-2

技術

1、リハビリ看護の役割を理解する。
2、リハビリ看護に対する看護観を明確にできる。

感染防止

1、感染マニュアルに沿って行動できる。

事故防止

1、安全に対する認識を高め、事故防止の行動ができる。

救急看護

1、2次救命処置が出来る。(患者の症状、疾患に応じた観察や処置など)

リハビリ看護

1、リハビリ看護を実践する。

レベル-3

技術

1、リハビリ看護を実践する。

感染防止

1、感染マニュアルに沿って行動できる。

事故防止

1、安全に対する認識を高め、事故防止の行動ができる。

救急看護

1、2次救命処置が出来る。(患者の症状、疾患に応じた 観察や処置など)

リハビリ看護

1、リハビリ看護の専門性を発揮した行動がとれる。

レベル-4(主任・科長)

技術

1、リハビリの知識と技術の教育的役割行動が出来る。

感染防止

1、感染マニュアルに沿って指導できる。

事故防止

1、マニュアルに沿って事故防止の指導が出来る。

救急看護

1、救急看護の指導が出来る。

リハビリ看護

1、リハビリ看護の専門性を発揮した指導・助言が出来る。

看護実践能力(管理過程)


レベル-1

リハビリとの
連携

1、入院時合同評価が出来る。

2、ケースカンファレンスの目的と流れを理解する。

3、ケースカンファレンスに参加し意見交換が出来る。(カンファ用紙の記入等)

4、必要時他職種と情報交換が出来る。
(ADL状況、ポジショニング、病棟訓練、デモ、セラピストの記録)。

管理能力

1、看護部の理念を知り、看護部・所属部署の目標達成のための活動に参加する。

2、メンバーとしての役割を理解し行動できる。
(カンファレンスへの問題提起等)

3、受け持ち看護師としての役割を理解し行動できる。
(家屋チェックリスト、外泊チェックリスト、ホームエバー等)

4、業務の優先度がわかり一日の行動計画を立てることが出来る。

5、「看護者の倫理綱領」を守り行動できる。

6、職業人としての健康管理ができる。

教育能力

1、目標管理シートにて自己の目標を明確にし、実践することが出来る。

2、自己の教育的課題を指導により明確にする。

人間関係能力

1、困っていることや、悩みについて、同僚、先輩、上司に相談できる。

2、ていねいな言葉でコミュニケーションが出来る。(「です」・「ます」で話す)

3、自分の感情がコントロールできる。

レベル-2

リハビリとの
連携

1、担当患者について、他職種との調整役が出来る。
(リハビリスケジュール、患者の思い等)

管理能力

1、看護部の理念を知り、看護部、所属部署の目標達成に向けて 積極的に取り組むことが出来る。

2、メンバーの役割を理解し、リーダーシップが発揮できる。

3、リーダーの役割を理解し実践できる。

4、日常ケアの中で、倫理的問題に気づき改善できる。

教育能力

1、院内、院外の研修に参加し、学んだ内容をチームに 伝達することが出来る。

2、後輩(学生)を指導することが出来る。

3、看護研究の意義、目的を理解し研究メンバーとして研究に参加できる。

4、目標管理シートにて自己の目標を明確にし、実践することが出来る。

人間関係能力

1、患者、家族に対し、共感と理解を示し、患者と良い人間関係を作ることが出来る。

2、他者を理解する努力をし、肯定的な関わりが出来る。

3、医療チームの役割を理解しコミュニケーションが図れる。

レベル-3

リハビリとの
連携

1、リハビリ担当者会議で、委員の役割が果たせる。

管理能力

1、看護部の理念を知り、看護部、所属部署の目標達成に向けて主体的に行動出来る。

2、日々のリーダー業務が円滑に実施できる。

3、看護業務について問題意識を持つことが出来る。

4、病棟内の問題発生時に対応できる。

5、科長、主任の代行が出来る。

6、リハビリテーション看護の知識、技術,、態度を深めるための 推進役となることが出来る。

7、日常業務の中で、倫理的問題に気づき、他者に指導が出来る。

教育能力

1、自己のキャリアに責任を持ち、院内・院外の研修に積極的に参加できる。

2、リハビリの専門的知識を活用し、スタッフの教育指導が出来る。

3、研究課題について問題意識を持ち、計画的に進め発表することが出来る。

4、目標管理シートにて自己の目標を明確にし、実践することが出来る。

人間関係能力

1、スタッフの目標達成のために支援できる。

2、患者、家族、医療チームとの信頼関係を保つことが出来る。

3、リーダーシップが発揮できる。

レベル-4(主任・科長)

リハビリとの
連携

1、指導、助言が出来る。

管理能力

1、看護部の理念を知り、看護部、所属部署の目標達成に向けて活動を推進できる。

2、看護管理上の問題の発見や、その解決のため方策 (看護ケア、スタッフの育成、所属部署の運営、他職種との連携)を 共に考えることが出来る。

3、スタッフの目標管理を行うことが出来る。(科長:看護師 、主任:補助者)

教育能力

1、自己の研究テーマを持ち、研究としてまとめて発表することが出来る。

2、目標管理シートにて自己の目標を明確にし、実践することが出来る。

人間関係能力

1、コミュニケーション技術を活用して、患者やスタッフへの支援が出来る。

Home